★大好きな君たちへ★ 

「こたろーといっしょ」 日本スピッツ♂こたろーの記録。クッシング症と闘い09年9月にお星様になりました。今は新しい家族の三毛猫、さくらとの生活を楽しんでいます。さくらのこと、日常の事、亡きこたろーの事を書きとめているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イケメン先生とのお話&痙攣の動画

昨日の記事のコメントのお返事がまとめてになっています。
どうかご勘弁を。。。

昨日のお話です~。。。

昨日は尿検査の為、こたろーのおしっこを持って病院へ夫が行ってきました。
そして、主治医とお話をしてきてもらいました。

実際のところ、どうなのよ!ってことで。。。(笑)

まず、尿検査の結果ですが異常なし←ヤッタネ(´∀`)
こたろーはクッシングのホルモンのコントロールもできており
又、腎臓もそれほど悪くはない。。。にも関わらず←至って軽い方らしいです。
食事をとらないのは疑問であるとのこと。

考えられるのは、ホルモンが安定しているので多食が治まったことを前提とし
胃腸の炎症、背中の痛み、偏食のどれかである。

先日の痙攣のようなものは
副腎が昨年と比べると肥大している。
これを踏まえ考えると、
脳下垂体の腫瘍が大きくなってきて神経の異常をもたらしている結果
あのような症状が出る可能性が高い。

という事でした。あくまでも推定です。

実は今日のお昼頃に又、痙攣のようなものを起こしました。

今日は2回目の鍼灸治療で千田先生がお見えになる予定。
先生に見てもらおうと思い動画をとりました。
今回はあわてることもなく、しっかりと落ちついて経過を見守りました。

クッシングのかたの参考になればと思いますので動画をUPします。

見たくない方はスルーしてください。


神経症状
神経症状
by まあ

千田先生のご意見はやはり、神経症状である可能性が高いとの事でした。
でもまだまだ軽い方との事です。
これが頻繁になったり5分以上続いたりしたら、すぐに病院へと言われました。

声をかけたり、背中をさする程度はしても大丈夫とのこと。

これは約1分ほど続いて、普通に寝ておりました。
やっぱり、ドキドキします~。

こんな事もこれからは出てくるのだと思うと悲しいというよりも
今の痛みを早くとってあげようと考えます。

くじけてはいられません~!!やれる事をやるのみです←強くなった私~(^ω^)

「鍼灸治療 その2」はまた、今度で~♪


コメントのお返事出来そうもありませんのでしめさせて頂きます<(_ _)>


いつもありがとう~♪ いつも応援してくれる皆さまありがとうございます♪








スポンサーサイト

ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

[ 2009/06/26 18:19 ] こたろーのクッシングの記録 2009年6月 | TB(-) | CM(-)

夜間診療。

6月24日水曜日。
食事はとらず状態が続き
水分もあまりとらないなぁと心配しつつ1日がすぎ。。。

最近は背中の痛みのせいか、立ち上がることは素早いのだけれど
お座りをすることが苦痛らしい。

だるいからゴロンと寝転がりたいけれど
その場を行ったり来たりの状態がしばらく続く。

私が体をぴったりつけて、顔をなでていると自然と私に寄りかかってくるので
そのままゴロンとさせてあげなければ寝る事が難しいみたい。

そんなに辛いのかと思う。
これでも軽いと言われるけれど、この状態を見ているのはさすがに辛い。

昨夜の事、寝ていたら急に顔だけ左右にブルブルと震えだした。
体全体ではなく、顔だけ。
初めて見た光景。でも意識はあるし少し様子を見ようと思った私。
でも夫のあわてようがすごかった。

いつも冷静で私に落ち着きなさいと言う夫なのに
子供とこたろーの事になると、私より心配症である。
病院へ事情を説明し夜間救急に行ってきた。
でも、これが失敗のもと。

診察台に上がり足の状態やらを見てるときに足を滑らせ
キャンキャン泣いた後に左後ろ脚がプランプラン状態になってしまった。

夫、激怒。。。

そりゃ~そうだろう。
病院へ来て何で悪くなって帰るのだと思う。

皮下点滴、足の痛みどめ、痙攣どめをされて帰ってきた。

帰ってきて少ししたら今度は、ぐったりして吐いた。
ぐったりしていて、立ち上がれず寝ながら戻しているから
のどに詰まらせる感じで危なかったのである。
夫、すぐに病院へ電話。
先ほどの先生がでて、痙攣の点滴がいけなかったのかもしれないとのお話。
8時間ほどで点滴が切れるのでそれまで様子を見てほしいとしか言えないらしい。

連れていく事はもう考えていないからアドバイスがほしいだけ。

夜間の先生なのでいつものイケメン先生とは違うかた。
夫の怒りにタジタジになりながらも一生懸命にこたえてくれているようだ。
災難だったね先生。。。

今日の朝、その先生から電話を頂いた。
その後どうですか?と心配して電話をくれたらしい。
昨日の夫の怒りとこたろーの様子を聞いて、一晩中心配してくれていたのだろうな。

タジタジ先生と命名させて頂こう。←そのまんま~(´∀`)

確かにもうタジタジ先生には診察はお断りをしたい心境だ。
こたろーの足が今以上にひどくなったら、私は恨んでやるとまで思う。

今日、無事に朝を迎えられて何より何よりと思う私です。

もう少し余裕を持っていたら怖い思いも痛い思いもさせなくてすんだのにと
夫婦で反省\(__)

痙攣かどうかは分からないけれど
その間は落ち着いてしばらく様子を見る。
出来たら動画をとっておくと診断に役立つらしい。


もう絶対に慌てないからねって
こたろーに約束した私です。

昨日のコメントのお返事が遅れてます。
もう少し待って下さいね( ̄▽ ̄;)


いつもありがとう~♪ いつも応援してくれる皆さまありがとうございます♪

こたろーの様子6/21~6/23

6月21(日)雨
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量705cc

クレメジン1日2回投与。
整腸剤1回投与。
非ステロイド鎮痛剤1日1回投与。

便・・・軟便、しぶり
尿の回数、13(10回)←括弧は家での回数

朝食フード食べず、昼食食べず、夕食フード10g 他、ササミジャーキー、鶏肉、シーザー等

なんか絶不調です。
食事は全くとらず、軟便にしぶり。

急きょ、病院へ点滴に行く事にしました。
今日は日曜日。
午前中と午後6時以降は電話がつながり、見てもらえるのでギリでお昼前に行ってきました。
ただし、休日診療代がかかります~。。。

帰宅後、夕方にフードを少し食べてくれましたので少し安心。
今まで飲んでいた整腸剤は効き目なしとみてお薬の変更をしました。

腸の炎症を抑える薬、フラジールと抗生物質です。
薬漬けの毎日ですっごく嫌です。


6月22(月)くもり、雨
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量580cc

クレメジン1日2回投与。
フラジール1日2回投与。
抗生物質1日2回投与。
ウルソ1日回投与。

便・・・なし
尿の回数、9(5回)←括弧は家での回数

朝食フード食べず、昼食食べず、夕食フード5g 他、ササミジャーキー、鶏肉。

昨日、点滴にいったけれど
あまり調子はよくないみたい。

食事はほとんど食べず。。。はぁ~ですが、仕方なしですね。


6月23(火)晴れ
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量605cc

クレメジン1日1回投与。
フラジール1日1回投与。
抗生物質1日1回投与。


便・・・なし
尿の回数、12(6回)←括弧は家での回数

朝食フード食べず、昼食食べず、
夕食・・・健康一番に牛肉、ご飯をまぜたもの。 他、ササミジャーキー、鶏肉、ヨーグルト。

今日、初めての鍼灸治療開始。

お薬、背中の痛み止めはあまり効果なしと見て、中止。
ウルソ、クレメジンも少しの間は中止。
絶対にあげなければいけないのが、やっぱりデソパン、と言われました。
フラジールと抗生物質についてはまだ飲み始めたばかりで効果が分からないので
便が出るまで飲ますことにしました。

食事については先生から、絶食をさせてはどうかという事。
食ムラがただの偏食か、それとも他に原因があるのかの判断になるという。
確かに鶏肉などやジャーキーは喜んで食べるのだから・・・

というわけで、家にあったお菓子全て廃棄処分。。。
あ、やっぱりもったいない~からごんねーさんにあげます(笑)

こたろーはまだまだ皮下脂肪があるので、3日くらい食べなくても大丈夫とのこと。
こんな時に皮下脂肪が役立った。。。(´・ω・`)

こたろーとの根競べ、夫はもちそうもないな。
私も怪しい・・・。
1日ならともかく、何日も続くかもしれないもの。
負けないように頑張ります。。。


これは記録の為、コメ欄は閉じさせて頂きます。

ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

[ 2009/06/23 16:56 ] こたろーのクッシングの記録 2009年6月 | TB(-) | CM(-)

こたろーの様子6/18~6/20

6月18日(木)
デソパン朝20mg、夕22,5mg 飲水量685cc

クレメジン1日2回投与。
ウルソ投与。
整腸剤1回投与。
非ステロイド鎮痛剤1日1回投与。

便・・・下痢ぎみ。しぶり。
尿の回数、19(8回)←括弧は家での回数

朝食フード食べず、昼食フード15g、夕食フード15g 他シーザー、鶏肉、ササミジャーキー、チーズ等

下痢気味の便が治まらない。
整腸剤はきいていないように感じる。

元気消失、食欲不振などの考えられる原因は3つ。

①腸内の炎症によるもの
②椎間板ヘルニアの痛みによるもの
③腎不全によるもの

このうちのどれかなのかもしれないし、全部かもしれない。
もう少し様子を見よう。


6月19日(金)
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量550cc

クレメジン1日2回投与。
整腸剤1回投与。
非ステロイド鎮痛剤1日1回投与。

便・・・なし
尿の回数、14(7回)←括弧は家での回数

朝食フード15g、昼食とり胸肉を少々、夕食胸肉を少々 他、ササミジャーキー

皮下点滴より3日目。
だんだんと食欲が落ちてくる。
鎮痛剤の効き目はないと感じる。

23日(火)まで持つかなぁ~といった感じ。

体重12、6Kg。
少しずつ少しずつ体重が落ちてきている。


6月20(土)
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量625cc

クレメジン1日2回投与。
整腸剤1回投与。
非ステロイド鎮痛剤1日1回投与。

便・・・軟便、しぶりは無かった。良い傾向?
尿の回数、15(6回)←括弧は家での回数

朝食フード12g、昼食食べず、夕食牛肉を少々 他、ササミジャーキー、鶏肉、卵など

急に左後ろ脚をびっこ。
すぐに治るがこれも椎間板ヘルニアのせい?

食欲はあまりなし。1回でも食べてくれるのでまだ良いかもしれない。
呼吸は荒い。
クッシングのせいだと考える。
もう少しデソパンの量を増やしたいが飲水量が減るのであげることが出来ず。


これは記録の為、コメ欄は閉じさせて頂きます。


いつもありがとう~♪ いつも応援してくれる皆さまありがとうございます♪


ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

[ 2009/06/21 16:17 ] こたろーのクッシングの記録 2009年6月 | TB(-) | CM(-)

転院のわけ。

以前からずっと悩みの種だった病院の事。

特に病気になってからは、先生を見る目が違ってくる(笑)

前にも触れているけれど、ずっと悩みの種だった。

採血のこともあり、この時のお話はこちらへどうぞ「へこんでます」

読むのが面倒な人へ。。。(笑)
こたろーは診察台にあがってもすごく良い子でおとなしい。
それがこちらでは暴れてまくって体全部を使って嫌~!ってしたんです。
以上。すっごく簡単ですが(曝)

これからずっと続く検査を考えると私にはどうしても
これ以上の苦痛をこたろーに与えたくないという気持ちが強かった。

先生には4月中旬より不調を訴えていたのだが、血液検査で何の異常もないこと。
4月下旬の検査においても異常はなく、血液検査で異常がなければ何も分からないのかと
怒りを感じてしまうほどになってしまった。←実際そうなのかもしれないけれど。。。
私の話から他に考えられる事や他の検査などを考える事もせずに
はっきりいって先生に余裕がないと感じた。

私の先生への不信感が一気に急上昇上

もうこれ以上、ここには来られないと判断した。

変えるといっても限られている病院。
初めにクッシングと診断してくれた病院へ行くことにした。

あ~変えて良かった~と思った。
私達の言うことを聞いたうえ、考えられる事をテキパキと言ってくれる。
そして、必要な検査。
こたろーはもう病院では息が荒く震えて診察台に上がると
腰が砕けて立っていられない状態。それでも、採血は全く問題なく終了。

結局この病院でクッシング、腎不全、椎間板ヘルニアを見つけてくれた。

今の病院は先生が何人もいるけれど
指名しているわけでもなくいつも同じ先生が見てくれる。

ん~。3つも病気を抱えてしまったのだから同じ先生の方が良いのかな。
病院側もそうしてくれているのだろうな。

クッシングの子も多く来ている病院だから症例も多く先生の余裕が感じられる。
今の私にとってはそれが一番必要なことだと思う。

問題は車でないと来られないこと(>_<)
私は運転が出来ない←ペーパーです!

大事な大事なこたろーの事ですから、夫に時間調整をしてもらい
連れて行ってもらうことにしました(^ω^)

どうしても都合が悪い時は皮下点滴のみ、
近くの病院で出来るようにと皮下点滴の内容を書いてもらった。
もちろん、今までのところは行きません(笑)

病気を抱えれば抱えるだけ、先生との信頼関係が大事としみじみ思った私です。
今後、どうなるかなど考えず今のこたろーにとって必要な病院へ行くことが大事。

そして、必要な治療、心のケアも合わせて毎日こたろーと暮らしていこうと思います。

   0620.jpg
今朝のこたろー。今日の朝はスタコラと歩いてました(^ω^)

   0620 2
先日、病院へ行く前のこたろー。おとうさんにギュッとされて満足げ(^ω^)


いつもありがとう~♪ いつも応援してくれる皆さまありがとうございます♪


ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

こたろーの様子6/13~6/17

6月13日
デソパン朝22,5mg、夕20mg 飲水量885cc

クレメジン1日2回投与。
ウルソ投与。

便はなし。
尿の回数、18(9回)←括弧は家での回数

朝食フード食べず、昼食フード16g、夕食フード食べず 他シーザー、鶏肉、ササミジャーキー等


6月14日曇り雨
デソパン朝22,5mg、夕20mg 飲水量890cc

クレメジン1日2回投与。
整腸剤投与。

便・・・朝に軟便、最後のほうは下痢気味。
尿の回数、19(11回)←括弧は家での回数

朝食フード5g、昼食牛肉を少々、夕食フード10g 他、鶏肉、ササミジャーキー等

体重12,8Kg


6月15日曇り
デソパン朝22,5mg、夕20mg 飲水量685cc

クレメジン1日2回投与。
ウルソ投与。
整腸剤2回投与。

便はなし。便通はあり格好はするのだが出ない。
尿の回数、18(7回)←括弧は家での回数

朝食フード10g、昼食手羽を2本、夕食フード食べず 他dbf,シーザー、鶏肉、ササミジャーキー等

6月16日
デソパン朝22,5mg、夕20mg 飲水量625cc

クレメジン1日1回投与。
鎮痛剤(非ステロイド)1日1回投与

便・・・軟便。排便時に痛みがあり泣く。
尿の回数、14(9回)←括弧は家での回数

朝食フード食べず、昼食フード食べず、夕食フード食べず 他、鶏肉、ササミジャーキー等を少々。

体重12,75Kg

排便時の痛み、食事をとらずの症状があり病院へ。
皮下点滴を行う。

レントゲン、触診の結果から椎間板ヘルニアのステージ1と診断をされる。

食事をとらないのが、腎臓からなのか、ヘルニアの痛みからなのか判断は分からず。
非ステロイドの鎮痛剤を処方され1週間様子を見ることとなる。


6月17日
デソパン朝22,5mg、夕20mg 飲水量635cc

クレメジン1日2回投与。
ウルソ投与。
整腸剤1回投与。

便はなし。
尿の回数、13(7回)←括弧は家での回数

朝食フード15g、昼食フード15g、夕食フード15g 他シーザー、鶏肉、ササミジャーキー、チーズ、牛乳等

昨日の皮下点滴が効いているのか、ヘルニアの鎮痛剤が効いているのか
食事を3回口にしてくれる。
どちらかは判断できず。

どちらにしても今は口から栄養を取ってくれることが嬉しい限り。


腎臓、ヘルニアに関してもまだ良い状態であるのにもかかわらず
ぐったりしている様子は見るに忍びない。

ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

[ 2009/06/18 15:10 ] こたろーのクッシングの記録 2009年6月 | TB(-) | CM(-)

今度は・・・椎間板ヘルニア。

6月16日 
朝から全く元気がなく食事もとらず。
飲水量も少ない。

どれでも良いから少しでも口にしてほしいと思い
お昼にどれだけの食事を用意したことか。。。
全て撃沈でしたがっくり

お薬を好物の鶏肉にいれお団子にしてあげているが
それさえも最近は匂いを異常にかいで、薬が入っているとわかるらしく食べてくれなくなった。

今まで丸飲みしてたのに・・・最近はよ~く噛むようになったこたろーです(笑)
やっぱり君もワンコだったのね。と感じる鼻のよさでございます(* _ω_)...アヒョ

18日に病院の予約をとってあるが、それまで持ちそうにもない。

食事を食べてくれないというのは
何とも言えずに気持ちが落ち着かない。
まして、お水も飲まない尿も少ないとなると
余計に心配になる。

でも、まだまだ気になることがあった。

今朝、2日ぶりに便をした。
排便時に痛みがあるらしく、ひぃ~んと泣いたのである。

便ををしたくても出ない様子で←「しぶり」と言うそうな。
会陰ヘルニア?と思わず疑ってしまった。

背中を触ると変な格好をすることも気になっていた。

嫌な事は続くものだな。

直腸に異常は認められず、会陰ヘルニアなどの疑いはなくなった。。。

が・・・が・・・である。

先生が体中を触り、背中を押すと「ひぃ~ん」と痛がっている。
椎間板ヘルニアの疑いが出てきてしまった。
すかさず、レントゲンを撮られる。

結果、初期の椎間板ヘルニアと診断された。
ステージ1という事で、内科的治療を行うらしい。

しか~し、ここで問題がある。
内科的治療=お薬を飲む、である。
その薬はステロイドつまり副腎皮質ホルモンである。

クッシングの方はもうおわかりだろう。
クッシングは副腎皮質ホルモンが大量に出ているからデソパンで抑えているのだ。

こたろーには投与ができないのである。

従って、非ステロイドのお薬を飲むこととなったのだが・・・
これもこれで長く飲むと今度は腎臓に悪い影響を及ぼすことになるらしい。

1週間飲んで、様子を見て服用を中止して又、服用という形になりそうだ。

うまくいかないものだ。

血液検査も行ったが、腎臓への影響はまだ出ていない数値であった。
なのに、これほどにぐったりと元気がなかったのは
椎間板ヘルニアのせいだったのだな。

これは筋力が落ちるクッシングと関係しているらしい。

随分と病気持ちになってしまったこたろーだけれど
腎臓もヘルニアも今の状態を維持できるように、
これ以上、悪化をさせないように根気よく頑張るぞと
こたろーの寝顔に誓う私でした。



皆様へ
温かいメールや励ましのお言葉、本当にありがとうございます。
正直に申しまして、現実逃避したい自分がいます。
今日、椎間板ヘルニアの発症も分かり
落胆の気持ちは隠せませんが現実と向き合い、日々過ごしていこうと思っております。
本当にありがとうございます(*^_^*)



いつもありがとう~♪ いつも応援してくれる皆さまありがとうございます♪



ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

[ 2009/06/16 23:39 ] こたろーのクッシングの記録 2009年6月 | TB(-) | CM(-)

新しい疾患。

6月11日病院。検査へ。

ACTH検査 前値5,8 後値8,8

尿検査から・・・腎不全との診断をされた。


そうか。。。とそれならば納得がいく。
今までのこたろーの症状が見事に当てはまる。
クッシングと診断された時よりも、悔しくてならない。
これ以上、苦しい思いをさせないとあれほどに注意をしていたのに。

2月に行った尿検査では異常は認められなかった。
そこが落とし穴。
人も犬も同じ。1か月前は良い状態であっても次は分からない。

甲状腺の低下を疑っていたのだ。
アジソンの疑いがないのであれば
クッシングという病気である以上、甲状腺の低下はあることで
こういう症状もありうるのではないかと思っていた。
現に以前の検査では非常に低かった。
でも・・・今回は正常値に戻っていた。
それを聞いた時点で、残るは腎疾患しかないと頭をよぎった。

腎疾患は腎臓の75%に異常をきたすと血液検査に現れる。
それまではいくら血液検査をしても結果はでてこない。

こたろーは幸いにも血液検査での異常は認められない。
ゆえに、今までの食欲不振、元気消失などの原因がはっきりと確定できなかったし
クッシングであるがために、多飲多尿も当たり前であった。
(腎不全も多飲多尿の症状)

ただ、クッシングだから今の段階で見つけることが出来たのかもしれないけれど。

ゆっくりとゆっくりと腎臓を痛めつけてきていたのだろうな。
ACTH検査の結果が良くとも臨床症状が(多飲多尿)が治まらなかったのは
腎疾患のせいだったのかもしれない。
今考えると、そうだったのかと納得できる事が多い。

いずれにせよ腎不全には間違いない。
クッシングと同様に治すことは出来ない。
これ以上、症状がすすむのを抑える治療をすることになる。
クレメジンというお薬を処方された。

今まで、多飲多食で悩んできたのが嘘のようだ。
全く食べてくれないのである。

獣医さんからは腎臓の療法食をと言われた。

けれど、けれどである。

何も食べてくれないのだ。
大好きな鶏肉でさえ、口にしてくれないときもある。

いつもいつも思う。
どうしてもっと早くに分からないのかと。
もっと早くに治療を始められたら、苦しい思いを少しでも和らげることが出来るのにと。

今のこたろーは元気がなく、食事もあまりとらずにひたすら寝ている状態。
外へは行きたいと言うけれど行ってもすぐに疲れてしまうから
カートと共にお散歩へ。
食べないのだから当然、便も出ない状態である。

クッシングと腎不全。

これから、このふたつの病気と向き合っていくことになる。

クッシングの検査はそれほど悪い値ではない。
この数値ならば今のままで良いと言われた。
呼吸は変わらず、激しいけれど。
見ていてこのまま
心臓が止まってしまうのではないかと思うくらいに苦しそうな時もある。
それを踏まえ、朝22,5 夕20の投与を続けることにした。

あまりにお水を飲まなくなることを避けるためにもこれ以上の投与は出来ない。

腎不全に関しては
1~2週間ごとに病院へ行き、皮下点滴を行ってもらうことになる。

病院が嫌いなこたろーにとって、これほどの苦痛はないだろう。
もう、腰が砕けるように診察台に上がるとニャフニャになってしまう。

けれど今は少しでも栄養をつけてもらわなければいけない。
尻尾をダランと下げて息をハァハァさせている姿は苦しそうで
今のこたろーを見ているのは本当に辛いけれど。

ここ数日、腎不全について調べたり
自分の気持ちを落ち着けることに専念していたから
ブログもそのままで更新もしていなかったけれど
毎日見に来てくれた皆様、本当にありがとうございます。


私は今までと同じですし、絶対に諦めないし、絶対に負けません。
ひとしきり、涙をして・・・今も泣いちゃう時もあるけど。。。(:_;)

クッシングと同じように腎不全と闘っている方たちはたくさんいるし
こたろーより重いワンもたくさんいる。

自分の心に負けてなるものか と、さらに以前よりまして強く思います。


文章だけの長い長い記事を読んでいただいてありがとうございます。
こういう記事のコメはしづらいだろうし、私もお返事がまだできません。
コメント欄はしめさせて頂きますね。


ブログの更新がないことをご心配頂いた皆様、本当にありがとうございました。
今後もゆるりゆるりの更新となると思います。
又、皆様へのご訪問、コメも出来ないときも出てくると思います。
勝手に自分だけ更新状態ですがお許しを(m´・ω・`)m ゴメンナサイ。


自分にもう少し余裕が出てきたらコメント欄もあけますし、
こたろーの写真も載せたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します




いつもありがとう~♪ いつも応援してくれる皆さまありがとうございます♪



ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

[ 2009/06/14 08:35 ] こたろーのクッシングの記録 2009年6月 | TB(-) | CM(-)

こたろーの様子6/9~6/12

6月9日曇り
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量400cc+30cc(フード用)

整腸剤1日2回投与。
ウルソ投与。

朝食フード10g、昼食フード15g、夕食フード20g、他、鶏肉、ササミジャーキー、ヨーグルトなどを少量。

便はなし。尿の回数、18(6回)←括弧は家での回数

昨日の皮下点滴が効いたのか食欲が少し戻る。
今まで、口にしなかったヨーグルトを少し食べる。
この日は穏やかに寝ていた。

6月10日
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量875cc

整腸剤 1日2回投与。
ウルソ投与。

朝食フード20g、昼食フード20g、夕食フード15g、他、鶏肉、ササミジャーキー、チーズ少量。

便はなし。尿の回数、27(7回)←括弧は家での回数

この日も3食少量だが口にしてくれた。
点滴の効き目?

けれど、息があがり昨日とは違って苦しそう。
飲水量も増えてきた。

6月11日雨のち曇り
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量720cc

整腸剤 朝1回投与。
ウルソ投与。
クレメジン投与。

朝食フード10g、昼食食べず、夕食シーザーを少々、他、鶏肉、ササミジャーキー、レバー少々。

便は夕方2日ぶりに普通に出ました。、尿の回数、19(9回)←括弧は家での回数


この日、病院へ。コルチの検査と尿検査。
結果、腎不全と判明。
3週間前に行った血液検査では腎疾患の数値は出ず。
尿検査において、尿の比重が低いこと、尿円柱が出たこと。結果、腎不全と診断される。

先日行った皮下点滴で食欲が戻ってきたので、今日も行う。
今後、定期的に通院の上、皮下点滴を行わなければいけない。
又、腎臓のお薬「クレメジン」を今日から投与する。

こたろーは病院の診察台で腰が立たなくなってしまった。
大きなストレスを抱えてしまったのは心が痛む。


6月12日曇り
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量400cc+30cc(フード用)

クレメジン1日2回投与。
ウルソ投与。

便は夕方に軟便1回。クレメジンを飲んでいるので便の色が黒い。
尿の回数、19(10回)←括弧は家での回数


朝食フード食べず、昼食フード食べず、夕食フード食べず
全くフードを食べてくれない。
腎疾患は非常に食ムラがあるとのこと。
決して我儘ではなく、気持ちが悪いから食べないのだ。
皮下点滴、今回は効果見られない。

試しに今まであまり食べていない牛肉を焼いてあげてみる。
少しだけ口にしてくれた。
そして、少量のヨーグルトとこれだけは今も食べてくれるささみ君。

今は何でも食べてくれ~という感じです。


ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

[ 2009/06/12 15:40 ] こたろーのクッシングの記録 2009年6月 | TB(-) | CM(-)

こたろーの様子6/5~6/8

6月5日 曇りのち雨 
デソパン朝22,5mg、夕20mg 飲水量665cc
朝食フード20g、昼食フード20g、夕食フード10g、他、鶏肉、dbf、ササミジャーキーなどを少量。

便はなし。尿の回数、11回(7回)←括弧は家での回数

夕方5時までの飲水量285cc

22,5㎎3日目。
やはり、飲水量が減ってきた(>_<)

明日はきっと今日よりも飲水量が減るはず。
便も昨日、柔らかったので少し心配。
この状態になると、明日は食事をしないのが目に浮かぶ。。。(>_<)


6月6日 雨のち曇り
デソパン朝20mg、夕15mg 飲水量520cc
朝食フード16g、昼食食べず、夕食フードを少々、他、鶏肉、dbf、ササミジャーキーなどを少量。
ほとんど食事をとらず状態

便は昼すぎは良い便の状態。夕方は軟便。
尿の回数、18回(9回)←括弧は家での回数

夕方5時までの飲水量270cc

やはり思った通りでした((+_+))
飲水量もへり、食事もほとんど取らず。

お散歩も行くが元気はなし。

6月7日 晴れ 
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量795cc
朝食食べず、昼食フード20g、夕食フード10グラム、他、鶏肉、ササミジャーキーなどを少量。

便はなし。尿の回数、18回(6回)←括弧は家での回数

夕方5時までの飲水量500cc

夫が休みのため、起きている時間多く、夕方までの飲水量も多い。
食事も自らは食べず。
喜んで食べるのは、ささみのみ。

夫との散歩でも元気なく、立ち止まってばかりとの事。
明らかにおかしいことが分かる。


6月8日 雨のち曇り 
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量450cc
朝食食べず、昼食食べず 、夕食フード20gほぼ完食、他、鶏肉、ササミジャーキーなどを少量。

便は血便。尿の回数、17回(5回)←括弧は家での回数

夕方5時までの飲水量250cc

昼すぎの雨あがりに外へ連れ出す。
ユルユルの便に血がついていた。血便。

11日(木)に病院予約を入れてある。。。が、それまで待てない気持ちになる。
夫に電話、帰ってこられるかを確認の上、すぐに予約を入れて病院へ。

便検査は血は認められたものの、問題はないとのこと。整腸剤をもらう。

それよりも尿検査で血を認めたとの事。

膀胱炎、もしくは腎臓疾患を疑う。

また、今回の症状について甲状腺ホルモンの影響が関係しているのではないか・・・
という疑問を持っていたので、検査をお願いする。
以前、行ったときの結果を見せると獣医さんも納得した様子。
この結果は後日。

食事をほとんど取らず、この日の体重12、6㎏にまで減少。
数日前、家で測った時は13㎏あった。

この日は、点滴をしてもらい帰路につく。
この点滴は栄養剤、脱水予防である。
まれにこれで、症状が落ち着くワンちゃんもいるそうだ。

帰宅してから疲れたのか、点滴が効いているのか気持ちよさそうに熟睡。
夕方、自らご飯を食べたいと催促する。
フード20gに鶏肉を少し混ぜ、ほぼ完食する。

夜9時ごろ、フードを少し口にする。

次回、ACTH検査と詳細の尿検査(タンパク)を行う予定。

デソパンに関しては、副腎が大きくなっているので
全くあげないで様子をみる事は出来ないとの事。

少量で様子を見ることにした。
朝、夕とも、20㎎の投与とする。
あとは、検査結果を見て判断することになると思います。

元気な姿を1日も早く見たいと思います。


この記事は記録のため、コメント欄は閉じさせていただきます。




いつもありがとう~♪ いつも応援してくれる皆さまありがとうございます♪




ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

[ 2009/06/09 11:54 ] こたろーのクッシングの記録 2009年6月 | TB(-) | CM(-)

こたろーの様子6/3・6/4

6月3日 
デソパン朝20mg、夕22,5mg 飲水量775cc
朝食フード30g、昼食フード14g、夕食フード食べず、シーザーのみを少々。
他、鶏肉、ササミジャーキー等

便は普通。尿の回数、22回(7回)←括弧は家での回数

夕方5時までの飲水量450cc

食事は食べたり食べなかったりが続いてます。

夕方よりデソパンを22,5㎎へ増量しました。
飲水量や呼吸、こたろーーの様子を見ながら大丈夫と判断。
たかがこれだけの増量だと思われるかもしれませんが
今のこたろーにとっては大事な大事な量になります。


6月4日 曇り 
デソパン朝22,5mg、夕20mg 飲水量760cc
朝食フード20g、昼食フード20g、夕食フード20g 他、鶏肉、ササミジャーキー等

便は少し軟便、特に夕方が柔らかかった。。。
最近は便も普通に戻っていたのになぁと思うが、下痢ではないのであまり心配しないことにする。

尿の回数、18回(11回)←括弧は家での回数

夕方5時までの飲水量345cc

デソパンを朝22、5㎎に変更、夕方を20㎎にする。
そのせいもあり、夕方までの飲水量が昨日に比べ100ccも少ない。
恐るべし、デソパン2,5㎎である。。。
1日のトータルで見ると、昨日と変わらず。
Kあたり58ccの計算になるのだから、良い量といえるかな。

朝を増量したことで、
昼間のこたろーは呼吸も少し落ち着きを取り戻しているように見えます。

できれば、夕方も22,5㎎に増量したい気持ちです。が、
飲水量、食欲など総合的にみると
今はこの量が妥当なのかもしれません。

でも今は日々変わる症状なので
明日はどうなるか、何ともいえません・・・(´・ω・`)

病気になったことが可哀そうなのではなくて、
そのことによって、痛みや苦しみをこたろーが背負うことが私には耐えられないのです。

だからもし、痛みや苦しいと感じていることがあるのならば
それを取り除くことが私のするべきこと、と思っています。


この記事は私のための記録になりますのでコメント欄はしめさせていただきます。



いつもありがとう~♪ いつも応援してくれる皆さまありがとうございます♪




ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

[ 2009/06/05 08:31 ] こたろーのクッシングの記録 2009年6月 | TB(-) | CM(-)

こたろーの様子6/1・6/2

6月1日 曇り
デソパン朝20mg、夕15mg 飲水量775cc
朝食フード21g、昼食フード20g、夕食フード30g 他、健康一番、鶏肉、ササミジャーキー等

便は普通。尿の回数、23回(9回)←括弧は家での回数。

体重13キロに戻っていた!ご飯をちゃんと食べるようになったから良かった♪
とりあえず、13キロを維持しようと思う。

夕方5時までの飲水量430cc
なかなか良い量です♪
でも、呼吸が荒い。。。

この日の夜中に私の後ろでハァハァとあえぎ呼吸をしていた。
特に朝方がひどい。
食欲が戻ってきたので、デソパンの量も足りないのかな?
毎日、日替わりで症状が変わっていくことに、私自身追いついていけてない(>_<)
デソパンを増やすと飲水量が減り、呼吸は楽になる。
デソパンを減量すると飲水量が増え、呼吸が荒くなる。

ただ、安易に今デソパンを増量する事は出来ないので投与量の範囲で増減してみたい。
次回のACTH検査は丁度よい目安になりそうです。次回予定6月11日です。
明日の様子を見て、夕方のデソパンも20mgにしてみようと思う。

6月2日 晴れ曇り
デソパン朝20mg、夕20mg 飲水量860cc
朝食フード26g、昼食フード20g、夕食フード30g 他、鶏肉、ササミジャーキー、りんご等
リンゴを食べるようになってくれた~。゚ヽ(゚´=Д=`)ノ゚。ヤッターン

便は普通。尿の回数、23回(9回)←括弧は家での回数。

夕方5時までの飲水量425cc

日を追うごとに食欲がもどってきている。
でも呼吸は荒いかな~。食が戻るって事は当然ホルモンが出てるって事だから
呼吸が荒くなるのは当然と言えば当然。
今日は夕方も20mg投与している。これでも足りないって感じです。

気になる事。
前足をかばう歩き方をする事。
後ろ左足をよくのばす仕草をする事。

脳下垂体に腫瘍があるのだから何が起こっても不思議ではないけれど。
こたろーが苦しい姿を見るのはイヤです。
でも全部受け入れるから、出来る事は全てやる。
我が家の決まり~(^O^)


この記事は記録ですのでコメント欄は閉じさせて頂きます。

ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

[ 2009/06/03 07:52 ] こたろーのクッシングの記録 2009年6月 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。