★大好きな君たちへ★ 

「こたろーといっしょ」 日本スピッツ♂こたろーの記録。クッシング症と闘い09年9月にお星様になりました。今は新しい家族の三毛猫、さくらとの生活を楽しんでいます。さくらのこと、日常の事、亡きこたろーの事を書きとめているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デゾパン増量と投薬回数

昨日は朝、気持ちが悪いくらいに暖かでした。
そして夕方からびゅーびゅーと風が吹き雨が降り
朝とは打って変わって寒くなりました。変な天気です苦笑い

あの雨の中、お薬をもらいに病院へ行ってきました。
この前のおかしな結果に私一人で行ったら・・・何を言ってしまうか・・・
という事もあり、主人と一緒に行ってきましたふるーつ☆Cultivation・笑(小)

そしてこの結果について主人は、はなから前値と後値が反対だ!
という確信を得ているようで、ただ男の人とはこうなのかと思うのですが
あまり怒りという物はなく、人のやることだから間違いはいくらでもある、
それを言っても始まらない・・・と。自分は間違いだと思うけれど
もしかしたら本当にこういう値が出たのかもしれない。
どちらにしても投薬について増量かこのまま様子を見るか考えなくてはいけない。
ここらへんがクッシングの難しいところなのかなと、改めて思い知らされました。

前値・・・7.7
後値・・・4.4

逆だと考えると、後値が7,7になる訳ですよね。
そうするとクッシングの症状が治まっていれば
このまま様子を見るのですが、こたろーは多飲が全く治まっていない。
その場合は1回の投与量を増量する。。。という事になります。

後値が4.4で正しかったら・・・お薬の増量は出来ないのです。
これ以上の増量はアジソンの危険になります。
その場合、クッシングの症状がある時は
同量のデソパンを1日2回投与する。。。という事らしいのです。

もし、この値が本当であれば
1度の投与量を増やす事は危険であり
これは今の時点では選択する事はできないのです。
ならば、1日2回の投与かこのまま様子を見るかの2択になります。

クッシングの症状が治まっていない、以前よりもむしろ飲水量は増えている。
また、夕方以降明らかに興奮状態にある。
これが今のこたろーの症状なのですから、1日2回投与を選択しました。

以前より主人は投与は1日2回に・・・ずっとこだわっていまして
ただ、同量のデソパンというと60mg(1錠)を2回という事
になりこれはやはり少し危険ではないかと思います。

1日の総量を90mgにして朝60mg、夕30mgという事になりました。
先生は朝45mg、夕45mg を提案しましたが
今回の結果もありますし、
来年に検査をする時に同じ60mgを飲ませていた方が
いいという考えのようです。ただ、主人はこの量をはなから決めていたようです笑

今日より1日2回投与を開始です。少しの変化があれば今後に期待ができますね。

甲状腺機能低下症についても数値が思ってた以上に低かったので
心配なのですが、先生は今すぐに薬を飲むという事はしないで
まず、クッシングを落ち着かせることに専念しましょうと。
クッシングが原因での甲状腺機能低下症だと思っているのですが
先生は違うというのです。この点も???な事なのです。
素人の私たちですので、先生の見解と違うのは当たり前の事ですが
このままで良いのかどうか、又、心配事がひとつ増えましたkao06

甲状腺ホルモン T4・・・0.3未満 基準値 1.1~3.6
        FT4・・・・0.6  基準値 0.9~2.6


12/30に症状の報告をかねてお薬をもらいに行ってきます。

12/18 検査費用 10100円     デソパン7日分7錠 7000円  
     ウルデナシン8日分24錠  1200円
     
     合計  \18300

12/22 ACTH検査、甲状腺ホルモン検査(外注分) 13650円
     レントゲン2枚  3000円   
     デソパン9錠分 9000円  ウルデナシン5日分15錠 750円
 
     合計  \26400






スポンサーサイト

ジャンル : ペット
テーマ : ペットの健康・病気・怪我

大丈夫、大丈夫♪
素人の私が調べても、甲状腺機能低下の場合には、クッシングなどの内分泌疾患が関係していないかをまず疑うと、あちこちに書いてありますが・・獣医の意見は色々ですからね。モモの最初の主治医も、クッシングと同時に甲状腺が低いとわかったのに、そのままになりましたから、まずはクッシングの治療効果をしっかり確認してから、ということかもしれませんね、同時に始めるとまぎらわしいとか・・。モモは主治医も代わったので、それきりになってしまい、もし私が申し出なければ、今の先生は甲状腺については放置だったと思いますので、自分で気がついてよかったと思ってますが・・。お節介を1つ、モモは、クッシング治療が軌道に乗ってから、それでも薄毛が改善されなかったので、次の段階として甲状腺ホルモン投与をしましたから、毛が生えたのはその効果だとわかりました。こたろーちゃんは薄毛もないし、元気もあるようなので、クッシング治療のみでの効果をもう少し待ってもいいかもしれません、なぜなら、クッシングが落ち着いたら、甲状腺の数値も改善される可能性があるのでは?と考えられるからです。ホルモンの補充は最後の手段にしたほうがいいという考え方もあって、生き物の身体は、足りないホルモンを補充すると、産生する力がなくなる場合もあり、一生投与し続けなくてはならなくなるからです。コルチを抑えることで、本来の甲状腺機能が回復する望みも、こたろーちゃんにはまだあるかもしれないと思ってはいかがですか?まだまだ治療の選択肢はたくさんあると考えながら、1つずつ増やすほうが希望を持てますよ(笑)
今日はサクサクと書き込みができてよかった(笑)すっかり長くなりましたが・・頑張りましょうね♪
[ 2008/12/25 00:52 ] [ 編集 ]
Re: miyuさま
ありがとうございます♪
miyuさんにそう言ってもらえると力が湧いてきます!!
今の主治医も今、両方治療すると効果が分からなくなると・・・言っていたような。
あれもこれもと欲を言っているのと同じですね。
まずはクッシングをしっかりと安定させることが大事と思って
そこに考えを専念させようと思います。
今回の1日2回投与で少しでも変化が見られる事を願います!(^^)!

こたろーを見てると本当に病気?と笑ってしまうような
顔をしたり、おねだりをしたり(笑)
しっかりとこたろーと一緒に前を向いて行きます(^^♪

無事に来られて、コメントも書き込めて良かったです。
安心しました(o´・∀・`o)ニコッ♪
ありがとうございます!
[ 2008/12/25 16:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。