★大好きな君たちへ★ 

「こたろーといっしょ」 日本スピッツ♂こたろーの記録。クッシング症と闘い09年9月にお星様になりました。今は新しい家族の三毛猫、さくらとの生活を楽しんでいます。さくらのこと、日常の事、亡きこたろーの事を書きとめているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

薬の効き目とアジソン病

先週くらいから夜になると、あえぎ呼吸をするようになった。
もう、こんなに涼しいのに窓をあけて~!って訴えてる。
こたろーは朝、デソパンを30mg飲ませているだけ。
明らかに、夕方以降は薬が効いていないのが分かる。
どんな薬でも24時間効くなんて無いよね~

1日2回に分けた方がいい?

でもこれが難しい・・・。今は30mgを1日1回。考える事は30mgを2回に分けて飲ませる
実はこれ、デソパンを飲ませるようになった始めの5日間、すでに実証済み。
で、あまり効果なかったの。
かといって、30mgを1日2回って、無謀すぎるでしょう。
少しずつ、量をふやしてみょうと思う。

朝と夕方で20mgずつ、計40mgをあげるっていうのが、お父さんの意見。
少しずつ、少しずつね。
どうして、こんなに慎重かというと
薬が効きすぎると今度は逆の症状になってしまう。
アジソン病の危険が出てくるのです。

クッシング症は副腎皮質ホルモンが過剰分泌されてしまう病気。
アジソンは全くその逆でホルモンが出なくなってしまう病気。
そうすると、食欲減退や嘔吐、ぐったりしたり、急に倒れたり・・・
怖い病気です。
だから、とっても薬の量には慎重になってしまうのです。



スポンサーサイト

ジャンル : ペット
テーマ : 犬との生活

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。